お知らせ

台北事務所

日本精神を賞賛し続けた「老台北」の遺志を継ごう  黄文雄(文明史家)

【黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」:2017年7月18日(第192号)】 蔡焜燦氏は、日本と台湾という二つの祖国を持つことを誇りにしていた人物です。司馬遼太郎の『街道をゆく 台湾紀行』のなかに、「 …

日本でも台湾でも澎湃として起こった「蔡焜燦先生を偲ぶ会」開催の声

7月17日早暁、台湾の蔡焜燦先生が急逝された。昭和2年(1927年)1月9日のお生まれだから満90歳だった。老衰だったという。 その報を抱えながら、翌18日から台湾を訪問した。蔡先生の逝去を弔うためではなく、前々から決ま …

台湾報道「『高座会』の李雪峰・初代会長、老友の蔡焜燦氏を悼む」

蔡焜燦先生の逝去に際し、台湾のウェブニュースサイト「民報」が「『高座会』の李雪峰・初代会長、老友の蔡焜燦氏を悼む」と題した記事を報じていますので、翻訳して掲載します。 李登輝元総統の畏友でもある蔡焜燦氏が7月17日早朝逝 …

【産経新聞】蔡焜燦氏を悼む「人を残す人生こそが上」、「公」に尽くす日本精神を貫いた台湾人(河崎真澄・元台北支局長)

蔡焜燦氏を悼む 「人を残す人生こそが上」、「公」に尽くす日本精神を貫いた台湾人 7月19日付・産経新聞朝刊 史上最長とされる38年もの「戒厳令」の解除から30年を迎えた15日の夏空を見届けるかのようにして、蔡焜燦氏が17 …

【産経新聞】7月19日「産経抄」靖国参拝欠かさず、司馬さんに挙手の礼…「愛日家」からのメッセージ

司馬遼太郎さんは、『台湾紀行』の取材の案内役として当初大学院生を考えていた。ところが、紹介されたのは実業家として成功する蔡焜燦(さいこんさん)さんである。「えらすぎる」。そんな司馬さんの戸惑いを見透かしたように、蔡さんは …

【追悼 蔡焜燦先生】これが殖民地の学校だろうか-母校「清水公学校」- 蔡焜燦

これが殖民地の学校だろうか-母校「清水公学校」- 蔡焜燦 【榕樹文化 2006年秋、第17号】 私は昭和2年台中州大甲郡清水街で生れた。幼稚園2年を経て昭和8年4月に清水公学校*に入学した。校舎は縦貫道路に面した一棟が2 …

【産経報道】「老台北」蔡焜燦氏が死去 李登輝氏と親交、「日本語世代」の代表的存在

司馬遼太郎の「街道をゆく 台湾紀行」に「老台北」として登場し「愛日家」で知られた蔡焜燦氏が17日早朝、台北市内の自宅で死去した。90歳だった。 蔡氏は日本統治時代の1927(昭和2)年、台湾中部・台中市で生まれた。地元の …

【訃報】「老台北」蔡焜燦先生が逝去

「老台北」こと蔡焜燦先生が、本日朝、ご自宅で逝去されました。 謹んでお悔やみ申し上げます。 葬儀などの日程は未定となっており、詳しいことが分かり次第、追ってお知らせします。

次期高雄市長の最右翼、管碧玲・民進党立法委員が李登輝総統への表敬訪問をFBに掲載

高雄市選出の立法委員で、陳菊・現高雄市長の後任候補として最右翼と目される管碧玲・立法委員(民進党)が先週水曜日(6月7日)に李登輝総統をご自宅に表敬訪問したことを、15日夜にFacebook上に掲載した。 Faceboo …

李登輝総統が、中国で拘束されている李明哲氏を支援する声明を発表

「李明哲氏支援の声明」 わが国の国民たる李明哲氏が、確固たる理由もなく中国政府によって拘束されてから今日で88日が経過した。この間、救出に向けて台湾政府や関係者の努力が続けられているが、中国政府はいまだに釈放しないだけで …

1 2 3 27 »
PAGETOP
Copyright © 日本李登輝友の会 All Rights Reserved.