日本李登輝友の会は今年も李登輝精神を体し日台関係の深化をめざして活動

昨年は李登輝元総統がお亡くなりになったことで、多くの方々から弔意とともに私ども日本李登輝友の会の行末をご心配いただくお心遣いを賜りました。改めて御礼申し上げます

台湾の五指山軍人墓地(國軍示範公墓)において李登輝元総統の埋葬式典が斎行された昨年10月7日、産経新聞に皆様からのご賛同の下に掲載した李登輝先生追悼特別企画「李登輝先生、ありがとうございました! 眞多謝!」で表明したように、日本李登輝友の会は今後とも李登輝精神を体し、日台関係の深化を目指して「躬行実践」を旨に活動を続けてまいります。李登輝元総統の日台運命共同体理念を実現し、日本と台湾の国交正常化をめざしてまいります。

本年も引き続きご理解の上ご支援のほどよろしくお願いいたします

令和3年(2021年)元旦
日本李登輝友の会

本会メールマガジン『日台共栄』配信元の変更について

本会メールマガジン『日台共栄』配信元の「メルマ!」が2020年1月31日をもって配信サービスを停止しました。今後は新しい配信元「まぐまぐ!」から配信して参ります。引き続き購読(無料)を希望される方は、お手数ですがこちらから改めてご登録をお願いします。

お知らせ

【祝】 代替肉のネクストミーツと台湾HOYAが共同開発契約を締結

数年前、台湾・苗栗の獅頭山勧化堂に祀られる日本人、廣枝音右衛門(ひろえだ・おとうえもん)命の慰霊祭に参加したときのこと。昼食で牛肉が出てきましたので、この廟では牛肉を食べるのかと訝しがっていたところ、他の参加者が「うまい …

渡辺会長が「戸籍問題」の解決を求め川上陽子法務大臣に要望書と署名を送達

台湾出身の方が日本人と結婚したり、日本に帰化した場合、戸籍の国籍や出生地は「中国」「中国台湾省」などと記されます。「中華人民共和国」と記される場合もあり、台湾出身者を中国人としているのが日本の現在の戸籍制度です。 本会は …

日本李登輝友の会は今年も李登輝精神を体し日台関係の深化をめざして活動

本年も何卒よろしくお願いします。 武漢肺炎こと新型コロナウイルス感染症はとどまるところを知らないごとく猛威をふるうさ中の年明けです。 このような中で、今上陛下は例年通り、寒さがもっとも厳しい日の出前、宮中神嘉殿において「 …

1月30日(土)、藤重太氏を講師に「第57回・台湾セミナー」

武漢肺炎こと新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより世界各国が経済的打撃を受ける中、押さえ込みに成功した台湾の経済が好調です。 国内旅行は行楽地のホテルがほぼ満杯で、生産拠点を台湾に戻す企業も多く、2019年1月以降 …

【祝】 富山県氷見市と高雄市鼓山区が「友好交流都市協定」を締結

今年は武漢肺炎こと新型コロナウイルス感染症の影響が大きく、日台間の姉妹都市や友好都市などの都市間提携はゼロかと思っていたところ、去る11月23日に宮城県栗原市(千葉健司・市長)と台湾の南投県南投市(宋懐琳・市長)が「姉妹 …

【祝】 今年の外務大臣表彰は寶覺禪寺の林善超氏と台北市立動物園

12月1日、外務省は「令和2年度外務大臣表彰」の受賞者を発表しました。外務省によれば、今年度表彰されるのは172個人、65団体(うち国内在住受賞者は20個人、11団体。海外在住受賞者は152個人、54団体)で、受賞者には …

【祝】 宮城県栗原市と南投市が「姉妹都市」を提携

本会メールマガジン『日台共栄』誌上などでお伝えしたように、11月23日の宮中新嘗祭の佳日、宮城県栗原市(千葉健司・市長)と台湾の南投県南投市(宋懐琳・市長)が「姉妹都市」を締結しました。 栗原市は佐藤勇・前市長のとき、南 …

【締め切りました】11月28日(土)、趙中正氏を講師に「第56回・台湾セミナー」

【ご案内してからあまり間がないにもかかわらず、早くも定員に達しました。お申し込みを締め切らせていただきます。悪しからずご了承のほどお願いします】  今年の台湾は、新型コロナウイルス感染症をほぼ完全に押さえ込み、4月13日 …

【祝】 宮城県栗原市と南投市が11月23日に「姉妹都市」を提携

久しぶりに日台の都市間提携に朗報が飛び込んできました。来る11月23日の宮中新嘗祭の佳日、宮城県栗原市(千葉健司・市長)と台湾の南投県南投市(宋懐琳・市長)が「姉妹都市」を締結することになったそうです。 11月23日は栗 …

12月20日、吉田信解・埼玉県本庄市長を講師に迎え「令和2年 日台共栄の夕べ」を開催

日本李登輝友の会「令和2年 日台共栄の夕べ」 今年は、武漢肺炎こと新型コロナ肺炎感染症がパンデミックを引き起こし、大きな災いを世界にもたらしました。その中にあって、コロナ禍をほぼ完全に押さえ込んで高い評価を得たのが台湾で …

PAGETOP
Copyright © 日本李登輝友の会 All Rights Reserved.