・10月12日〜15日に実施する「黄文雄先生と行く 国交を越える日台の絆を探る旅」をご案内中です。詳細はこちらから。

お知らせ

日本とゆかり深く「さくら祭」も開く新竹公園が日本庭園の趣にリニューアル

新竹市は清代からの城下町で、新竹風と言われる季節風が強く「風の街」とも呼ばれていて、新竹ビーフン(米粉)が古くから有名な町だ。伝統工芸産業としてガラス工芸や凧、灯籠、木彫りも盛んである一方、1980年以降に整備されたサイ …

蔡焜燦先生の顕彰碑除幕式を12月1日に山口県下松市の米泉湖で開催

台湾歌壇代表蔡焜燦先生顕彰碑除幕式開催ご案内及び顕彰碑建立に向けたご支援のお願い                                 平成30年(2018年)9月吉日                      …

【祝】 軽井沢のエルツおもちゃ博物館と苗栗の三義木彫博物館が「文化観光連携協定」を締結

しなの鉄道と旧山線レールバイクが「観光連携に関わる協議書」を締結した同じ9月17日、長野県軽井沢町のエルツおもちゃ博物館・軽井沢と台湾の苗栗県立三義木彫博物館が「文化観光連携に関する協議書」を締結しました。 苗栗県といえ …

【祝】 しなの鉄道と旧山線レールバイクが「観光連携に関わる協議書」を締結

9月17日、長野県上田市に本社を置くしなの鉄道と台湾・苗栗県旧山線レールバイクを運営する祺峰休閒事業有限公司が「観光連携に関わる協議書」の締結式をしなの鉄道の軽井沢駅の旧駅舎ろくもんラウンジで開催しました。 しなの鉄道が …

本会秋田県支部が11月10日に設立 川村純彦・副会長などを招いて記念講演会

昨秋の沖縄県支部に続き、本会28番目の支部として、秋田県支部が11月10日に設立の運びになりました。東北では福島、青森、宮城、岩手に続く5番目で、本当に嬉しいことです。 李登輝総統は殊のほか本会の支部設立を喜んでおり、沖 …

劉嘉雨著『僕たちが零戦をつくった─台湾少年工の手記』のご案内

大東亜戦争末期、労働力不足を補うため、平均年齢14、15歳の8400人余の台湾少年工たちが海軍軍属として日本へ渡り、「雷電」や「零戦」などの生産に従事した。 著者の劉嘉雨氏は、台中県・土牛小学校の同級生とともに中学校進学 …

李登輝総統特別講義の「第30回・日本李登輝学校台湾研修団」【11月22日〜26日】

2004年(平成16年)10月から始めた本会の「日本李登輝学校台湾研修団」(略称:李登輝学校研修団)も、今回で節目となる第30回を迎えます。 李登輝学校校長の李登輝総統による特別講義をはじめ、台湾を代表する有識者による日 …

黄昭堂紀念公園が9月21日に台南で完成式典

台湾独立建国運動を日本で創始した王育徳博士の記念館がご命日に当たる9月9日、台南市内に建てられ、王雪梅・令夫人や次女の王明理・台湾独立建国聯盟日本本部委員長、羅福全・元台北駐日経済文化代表処代表ご夫妻など300名が参加し …

【祝】 宮古島市が長栄大学の宮古島分校開設で同大と交流覚書を締結

こういう形の日台交流もあるのかと、いささか驚かされた。台南市にある長栄大学が宮古島市に分校を開設したいという意向を受け、分校開設に向けて覚書を交わしたそうだ。地元紙の「宮古毎日新聞」が報じているので紹介したい。 文部科学 …

【祝】 長野県教育委員会と高雄市教育局が「教育交流協力に関する覚書」を締結

9月13日、高雄市政府の教育局において、台北駐日経済文化代表処の林世英・教育部長の立会いの下、長野県教育委員会の原山隆一・教育長と高雄市教育局の王進焱教育局長が「教育交流協力に関する覚書」を締結しました。 長野県はすでに …

PAGETOP
Copyright © 日本李登輝友の会 All Rights Reserved.