お知らせ

講演会/イベント

4月28日、本会青森県支部が弘前市内で総会・懇親会

春寒の候 会員の皆様にはご清祥のこととお慶び申しあげます。 私ども青森日台交流会、青森李登輝友の会は日本と台湾が共に歩んでいく「日台共栄」理念のもと、新しい日台関係を構築するため、青森県と台湾の交流を図ることを目的に、そ …

4月1日、手島仁氏を講師に本会群馬県支部が「設立3周年記念講演会」を開催

本会には、2003年(平成15年)4月6日に設立された新潟県支部から2018年(平成29年)10月12日に設立の沖縄県支部まで、国内に26支部、海外に1支部の27支部があります。 群馬県支部は、3年前の2018年(平成2 …

澁谷司・拓大教授を講師に第35回・台湾セミナー

2016年1月、蔡英文氏が総統に当選し、民進党が初の多数与党となった立法委員選挙圧勝の遠因は、その2年前の2014年3月に起こった「ひまわり学生運動」にありました。占拠した議場がある立法院の周りには学生らを支援しようと数 …

2月25日、手島仁氏と宇治郷毅氏を講師に東吾妻町教養講座「石坂荘作氏の功績を学ぼう」

◆平成29年度東吾妻町教養講座:石坂荘作氏の功績を学ぼう【2月25日開催】 *問い合わせ:中央公民館( 電話番号:0279-68-2412) 石坂荘作氏(1870年〜1940年)は明治3年3月6日、東吾妻町原町、石坂太源 …

群馬県東吾妻町が「台湾図書館の父」と尊敬される地元出身の石坂荘作を通じて台湾と交流

群馬県が台湾と縁(ゆかり)が深いことは、本会HPや本会メールマガジン『日台共栄』誌上で何度かお伝えしてきている。姉妹都市などの都市間提携は8件と全国でもっとも多く結んでいる。 これは、上野村が1989年10月に苗栗県卓蘭 …

柚原正敬・本会事務局長を講師に2月24日「台湾セミナー」を開催

本年1月12日、「辞典といえば広辞苑」「日本語辞典の代名詞」と謳い、岩波書店が『広辞苑』第7版を発売しました。しかし、本会会員が10年前から、また昨年12月には台北駐日経済文化代表処や全日本台湾連合会なども訂正を求めた台 …

熊本県益城町で2月25日に郷土の偉人「志賀哲太郎先生顕彰のつどい」

むかし、益城町ん田原かる こぎゃん偉か人が出とらした! 台湾で「大甲の聖人」と呼ばれて今も語り継がれ、敬愛されている伝説の教育者─志賀哲太郎その人は、わが熊本が誇るべき、まことに、まことに偉大な人物だった。 *      …

3月4日、台湾独立建国聯盟日本本部が沈清楷・副主席を招き「台湾2・28時局講演会」

第二次大戦後、「住民自決」の権利により、植民地だった多くの国々が独立を勝ち取ったにもかかわらず、台湾だけは新たに中華民国に占領支配され、独裁政権下で弾圧を受けました。 二・二八事件は自治と尊厳を求めて立ち上がった台湾人に …

1月27日、齋藤毅・元台湾協会理事長を講師に李登輝学校校友会が「台湾懇話会」

日本統治時代の台湾で生まれ育った日本人=湾生は、終戦後、日本に還る運命を辿りました。歴史の転換点に遭遇し、故郷と思っていた台湾から未知の国・日本へと向かわざるを得なかった湾生の人々。 昨年は映画『湾生回家』が話題になりま …

12月2日、今も台湾で慕われる熊本県益城町の偉人・志賀哲太郎を語り継ぐ研修会

昨年4月14日と16日、熊本県と大分県を大地震が襲い、熊本城の屋根瓦や石垣まで崩落し、亡くなられた方は247人にも及びました。中でも上益城郡(かみましきぐん)の益城町(ましきまち)は震度7を記録し、壊滅的な被害を受けまし …

1 2 3 21 »
PAGETOP
Copyright © 日本李登輝友の会 All Rights Reserved.