お知らせ

講演会/イベント

1月19日、石川公弘氏が台湾少年工をテーマに「第42回・台湾セミナー」

昭和18年(1943年)5月から翌年5月までの1年の間に、労働力不足を補うため、8400人余の台湾の少年たちが難関の選抜試験を勝ち抜き、海軍軍属として日本本土に渡ってきました。平均年齢14、5歳の彼らは「台湾少年工」と呼 …

本会埼玉県支部が浅野和生氏を講師に招き2月3日に総会と記念講演会

日本李登輝友の会埼玉県支部 会員各位 日本李登輝友の会埼玉県支部総会のご案内 拝啓 師走の侯、皆々様におかれましては、年の瀬で何かとお忙しい時期かと思いますが、益々健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。 日頃は、日 …

日米台関係研究所が許世楷大使らを招き12月2日にシンポジウム「台湾有事と日本の対応」

本年4月、一般社団法人日米台関係研究所は、日本、米国、台湾に関する諸問題についての研究やそれに基づく政策提言の発表、研究並びに政策提言に関する講演会やシンポジウム等の開催、各種情報の提供など行うことで、アジア太平洋の平和 …

宮崎正弘氏を講師に今年も12月23日に恒例の「日台共栄の夕べ」【参加費:前金制】

今年は「米中貿易戦争」とも言われるように、米中の対立構造がより明確になった年でした。中国は外国の航空会社や企業などに「中国台湾」と表記するよう通達し、台湾との断交国を増やすなど圧力が露骨になった一方で、米国は「台湾関係法 …

11月23日、靖國神社にて「台湾出身戦歿者慰霊祭」を開催

皆様にはご高承のように、大東亜戦争には約20万人の台湾出身者が軍人・軍属として出征し、3万304人が尊い命を日本に捧げられました。現在、靖國神社にはそのうちの2万7,864人の方々がご祭神としてお祀りされ、日々慰霊の誠が …

山本厚秀氏を講師に瀧野平四郎について11月24日「第41回・台湾セミナー」

群馬県には、今でも台湾で尊敬されている人物が多く、これまで「台湾紅茶の父」新井耕吉郎、「最後の台南市長」羽鳥又男、「台湾風土病の撲滅」羽鳥重郎、芝山巌事件で斃れた六士先生の一人の中島長吉、「台湾図書館の父」石坂荘作などが …

浅野和生氏を講師に「第40回台湾セミナー」 梅原克彦氏が特別ゲストで登壇

11月24日に投開票が行われる台湾の統一地方選挙は、今回も前回(2014年)と同様、直轄市市長から郷(鎮・市)の下部に位置する里長に至る9つの選挙が同時に行われることから「九合一選挙」と呼ばれています。2019年が明ける …

8月25日、加藤秀彦氏を招き次世代の日台交流をテーマに「第39回台湾セミナー」

台湾では「台湾歌壇」代表の蔡焜燦先生や「緑島20年」の郭振純先生など日本語世代が次々とこの世を去り寂しい限りですが、一方で、2014年3月に起こった「ひまわり学生運動」に見られるように「天然独」と言われる次世代をになう若 …

金田秀昭氏を講師に招き7月28日に「第38回台湾セミナー」

中国は海洋強国を建設するため新たな空母建造を進める等、外洋への進出を図り、軍事力を背景とした中国のこの強引な拡張政策は、西太平洋地域における平和と安定に対する最大の脅威となっています。 これに対して米国は、圧倒的な軍事力 …

金子展也氏を講師に「第37回台湾セミナー」

いまでも台湾には、本殿や鳥居、社務所などがほぼ完全な形で残されている桃園神社をはじめ、金瓜石社や台中神社、豊田神社、宜蘭神社など灯籠、狛犬、神馬などの遺構を残す神社跡が多く、鹿野村社や林田神社などが補修され復元されていま …

« 1 2 3 23 »
PAGETOP
Copyright © 日本李登輝友の会 All Rights Reserved.