お知らせ

ニュース

【広辞苑誤記問題】 岩波書店は2008年2月26日に「訂正します」とすでに回答していた!

◆12月18日の3つの記者会見 産経新聞は本日朝刊の第2面で、岩波書店『広辞苑』の誤記問題を巡って12月18日、中国外務省が「『台湾が中華人民共和国の一つの省ではないとでもいうのか。台湾は中華人民共和国の不可分の一部だ』 …

広辞苑の誤記問題で代表処と全台連が岩波書店に修正を要求

岩波書店の『広辞苑』が台湾を中華人民共和国としているなどの誤記問題で、台北駐日経済文化代表処は12月11日に「厳正な異議を表するとともに、しかるべき修正を強く要望」し、また全日本台湾連合会(趙中正会長)も同様の要請をした …

鈴木馨祐議員が台湾のシンポジウムで「日本版・台湾関係法」に言及

12月13日に台北市内で開かれた「第7回台湾アメリカ日本安全対話フォーラム」は、台湾は「財団法人両岸交流遠景基金会」、アメリカは「ヘリテージ財団」、日本は「笹川平和財団」による共同開催で、台湾からは民進党の羅致政・立法委 …

【訃報】 小田村四郎・本会名誉会長が12月9日に逝去

本会の小田村四郎・名誉会長が12月9日、老衰にて逝去されました。 ご長男の小田村芳忠氏によりますと、小田村名誉会長は12月7日に呼吸困難に陥ったため三井記念病院に入院されたそうです。ところが、呼吸は整ったものの、9日の夜 …

今年も台湾で「天皇誕生日祝賀レセプション」開催

今年も12月11日に「天皇陛下御誕生日祝賀レセプション」 が台北市内の国賓大飯店で開催された。李大維・外交部長や蘇嘉全・立法院長、邱義仁・ 亜東関係協会会長らが臨席し、台湾各界から過去最大規模の約800人が出席し、今上陛 …

知られざる日本史――皇太子「台湾行啓」をたどる  片倉佳史(台湾在住作家)

後の「昭和天皇」が台湾を訪問されていたことについて、戦後日本において初めて紹介した一般書は、今から20年ほど前に出された『台湾と日本・交流秘話』(展転社、1996年)だと思われる。 この本の編纂者の一人、草開昭三(くさび …

李登輝元総統が台湾の国家正常化の唯一の道は憲法改正にありと喝破

李登輝総統は1923年(大正12年)生まれだから、来年1月15日で満95歳を迎えられる。まだまだお元気だ。 12月2日、台湾教授協会が主催する「海洋之国 走向国際」(海洋国家・国際化)をテーマとした募金パーティーに出席し …

台湾には危機に対応できる「復元力」がある  塩澤英一(共同通信台北支局長)

日本と台湾の関係は最良の状態にあるにもかかわらず、台湾の蔡英文政権がなにをやっているのかよく分からないという意見を聞くことがたまにある。 このほど共同通信の台北支局長をつとめる塩澤英一氏が、台湾などアジア各国・地域で経済 …

【祝】日台が「税関業務協力・相互援助協定」「文化交流の協力に関する覚書」を締結

日本台湾交流協会と台湾日本関係協会は11月21日と22日、東京において第42回日台貿易経済会議を開催し「税関相互支援のための日台民間取決め」、「文化交流の協力に関する覚書」を締結しました。 下記に紹介する台湾国際放送の記 …

日本李登輝学校台湾研修団で講師をつとめられた作家の鄭清文氏が逝去

11月4日、台湾の小説家で童話作家の鄭清文氏が心筋梗塞のため台北市内の病院で亡くなられました。享年85。これまでのご恩顧に心から感謝申し上げ、謹んで哀悼の意を表します。 日本統治時代の1932年9月16日、新竹州(現在の …

« 1 2 3 4 119 »
PAGETOP
Copyright © 日本李登輝友の会 All Rights Reserved.