【自治体69】平成29年(2017年)10月5日 宮崎県:桃園市

宮崎県を訪問していた桃園市の鄭文燦市長は10月5日、宮崎県庁において河野俊嗣知事と「友好交流協定」を締結した。この締結は、9月29日の広島県尾道市と台中市の「友好交流覚書」の締結に続くもので、本年12件目となる。

宮崎県は台湾との交流促進を図るため、本年2月に新竹県と交流協定を結び、これが台湾の自治体との初の都市間提携で、桃園市が2件目となる。

河野知事は、今年4月に桃園市が開いた「2017年桃園農業博覧会」の開幕式に招待された折、鄭市長を表敬訪問して今後の交流促進について意見交換、鄭市長が宮崎県を訪問する秋ころに交流協定を締結することで合意していたという。

一方の桃園市は中国国民党の牙城と言われていたところだったが、2014年11月末の統一地方選挙で民進党所属の鄭文燦氏が49万2,414票を獲得し、国民党候補を2万9,281票の僅差で破って当選して以降、積極的に日本との交流を進めている。

2014年12月に行政院の直轄委となった桃園市が日本の自治体と初めて都市間提携を結んだのは、本会理事の宮元陸氏が市長をつとめる加賀市だった。この提携を嚆矢に、昨年は立て続けに4自治体と都市間提携を結び、今回の宮崎県が5件目となる。【メールマガジン日台共栄:2017年10月6日】

宮崎県 河野俊嗣・知事
〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2-10-1
TEL:0985-44-2623 FAX:0985-26-7327(商工観光労働部観光経済交流局 オールみやざき営業課)
E-mail:allmiyazaki@pref.miyazaki.lg.jp

桃園市 鄭文燦・市長
330-01 桃園市桃園區縣府路1號
TEL:03-3322101

活動案内

活動案内

PAGETOP
Copyright © 日本李登輝友の会 All Rights Reserved.