お知らせ

  • HOME »
  • お知らせ

【広辞苑誤記問題】 本日発売の月刊「WiLL」3月号で石平氏と柚原事務局長が批判

本会機関誌『日台共栄』1月24日号や本会HP上において、1月22日発売の「夕刊フジ」が『広辞苑』第7版(1月12日発売)の台湾関係記述について、「台湾と中国は明確に違うが、どうして固執するのか」と批判する記事を掲載したこ …

熊本県益城町で2月25日に郷土の偉人「志賀哲太郎先生顕彰のつどい」

むかし、益城町ん田原かる こぎゃん偉か人が出とらした! 台湾で「大甲の聖人」と呼ばれて今も語り継がれ、敬愛されている伝説の教育者─志賀哲太郎その人は、わが熊本が誇るべき、まことに、まことに偉大な人物だった。 *      …

【広辞苑誤記問題】 夕刊フジが批判記事「『広辞苑』おかしな固執」を掲載

1月12日に岩波書店が『広辞苑』第7版を発売したことを受け、産経新聞社が発行している1月23日(1月22日発売)の「夕刊フジ」が「台湾と中国は明確に違うが、どうして固執するのか」とする批判記事を掲載した。 本会HPや本会 …

3月4日、台湾独立建国聯盟日本本部が沈清楷・副主席を招き「台湾2・28時局講演会」

第二次大戦後、「住民自決」の権利により、植民地だった多くの国々が独立を勝ち取ったにもかかわらず、台湾だけは新たに中華民国に占領支配され、独裁政権下で弾圧を受けました。 二・二八事件は自治と尊厳を求めて立ち上がった台湾人に …

良好に見える日台関係だが実は懸案山積だ  舛友 雄大(ジャーナリスト)

昨年末、本会HPでは「2017年の日台交流」を掲載し、昨年は─昨年の最良の関係をさらに深めた1年だったのではないかと総括した。 日台間の交流の深度を示す指標として、本誌では姉妹都市や友好都市などの都市間提携を紹介してきた …

【祝】 岩手県と茨城県がタイガーエア台湾と協力覚書を締結 定期チャーター便も決定

本会メールマガジン『日台共栄』1月12日号で、岩手県の達増拓也(たっそ・たくや)知事が台湾を訪れ1月15日にタイガーエア台湾の張鴻鐘・董事長と「国際定期路線の実現の連携に関する覚書」を交わすことをお伝えした。予定どおり、 …

李登輝総統、陳水扁氏と和解「悟りは人に怒りを忍ばせる、あやまちをゆるすのは人の誉である」

1月15日に行われた李登輝、陳水扁の両元総統による会見は少なくとも12年ぶりで、台湾メディアは長らく没交渉だった両者の和解だと報じている。週刊誌を発行する『鏡週刊』は次のように報じている(抄訳)。 「12年ぶりに陳水扁総 …

陳水扁氏が李登輝総統を訪問

本日、95歳の誕生日を迎えた李登輝総統を、陳水扁元総統が訪問した。訪問の模様は台湾メディアが生中継などで報じた。また、台湾ヤフーでもトップで報じられた。 陳元総統は息子の陳致中氏らに伴われ、午後3時前に翠山荘に到着。約1 …

問題記述を訂正せず掲載した『広辞苑』第7版

1月12日、『広辞苑』の第7版が発売された。昨年12月、台北駐日経済文化代表処などが台湾は中華人民共和国の一部ではないとして訂正を要求していたが、第7版は第6版の記述と変わっていない。下記に、第6版と第7版の記述を示して …

【祝】 新潟医療福祉大学と中山医学大学が学術交流協定を締結

新潟市の新潟医療福祉大学が昨年9月、台湾・台中市の中山医学大学と学術交流協定を結んだそうで、1月9日に新潟医療福祉大学が発表したと地元紙の「新潟日報」が報じています。 なお、新潟医療福祉大学は2013年8月1日に台北榮民 …

« 1 2 3 4 203 »
PAGETOP
Copyright © 日本李登輝友の会 All Rights Reserved.