鈴木英敬・三重県知事(右)と林佳龍・台中市長(台中市政府HPより)

日台間では昨年1月21日、三重県伊賀市・志摩市が共同で台東県と「自治体間連携覚書」を締結し、その翌22日には三重県と高雄市が「交流促進覚書」を結んだのを手始めに、12月22日の広島県尾道市と嘉義市による「友好交流協定」の締結まで実に13件もの都市間提携が結ばれました。

今年に入ってからもその勢いは衰えるどころか、さらに加速されています。2月10日には三重県と台中市が「国際交流促進覚書」を締結したという嬉しいニュースが飛び込んできました。中央通信社は、調印式に臨んだ鈴木英敬(すずき・えいけい)三重県知事と林佳龍・台中市長の晴れやかな笑顔がとても印象的な写真を掲げて報じています。下記に記事をご紹介します。

台中市はその前日(2月9日)に大分県中津市と「自転車旅行と観光交流の促進に関する協定」を締結したばかりで、2日連続での都市間提携です。さらに嬉しいことに、この記事では、4月6日に愛知の中部国際空港と台中国際空港が姉妹空港協定を締結することも伝えています。

今年に入ってからの日台間の提携は、下記に示すように、1月8日の金沢市議会と台南市議会による「友好交流協定」締結以来すでに7件目となり、都市間提携だけでも5件目となります。2012年の都市間提携が5件でしたから、すでに2月の初めにして並んだことになり、今後が非常に楽しみな今年です。

・01月08日 金沢市議会と台南市議会が「友好交流協定」を締結
・01月11日 熊本県と熊本市が高雄市と「友好交流協定」を締結
・01月13日 大分県竹田市と高雄市田寮区が「観光文化友好交流都市協定覚書」を締結
・02月08日 福岡市と台北市が「起業支援交流覚書」を締結
・02月08日 兵庫県立考古博物館と十三行博物館が「姉妹館」提携と「学術文化交流協定」を締結
・02月09日 大分県中津市と台中市が「自転車旅行と観光交流の促進に関する協定」を締結
・02月10日 三重県と台中市が「国際交流促進覚書」を締結

なお、三重県と「国際交流促進覚書」を結んだ台中市は10日、早速「市政新聞」でこの調印式の模様を伝えています。記事によりますと、林佳龍市長は2月13日に53歳の誕生日を迎えるそうで、
鈴木知事からは誕生日プレゼントもお贈りしたそうです。

◆中市與日本三重縣簽國際交流MOU 合作再升級


台中市、三重県と国際交流促進覚書 観光や産業発展で協力

【中央通信社:2017年2月12日】

台中市政府は10日、三重県と国際交流促進覚書を締結した。今後は観光や産業の分野で協力を進めていく。台中市は今年中に産業視察団を三重県に派遣するほか、文化交流を強化する予定。林佳龍市長は、具体的な行動で両県市の友好関係を強くしていくと意欲を示した。

2018年に開催される台中世界花卉博覧会(世界花博)の参考にしようと、林市長は昨年3月、三重県にある花のテーマパーク「なばなの里」を訪問しており、花博関連の交流は重要な項目の一つになるとしている。

調印式は台中市政府庁舎で行われ、林市長と鈴木英敬三重県知事が覚書を取り交わした。鈴木知事は、台中と新たな友好関係を築けるのは光栄だと述べ、台中で今後行われる各種イベントを利用した観光誘致に期待をのぞかせた。

林市長はこの日、台中国際空港が4月6日に愛知の中部国際空港と姉妹空港協定を締結し、現在両空港間で運航されているチャーター便が「定期チャーター便」になることも明らかにした。

台中市は昨年から、日本の中部地方との交流を積極的に推進。昨年3月には台湾中部7県市で組織する中台湾観光推動委員会が日本側の中部広域観光推進協議会と観光交流に関する覚書を締結。同9月には名古屋や三重のダンスチームを同市開催のパレードに招待していた。