調印式には奥塚正則市長(右2)と陳盛山・台中市観光旅遊局局長(左2)が臨んだ(台中市政府HPより)

福岡市と台北市が2月8日に日台初となる「起業支援交流覚書」を締結したのも束の間、今度は大分県中津(なかつ)市と台中市が翌2月9日、台中市において「自転車旅行と観光交流の促進に関する協定」を締結した。

調印式には奥塚正則(おくづか・まさのり)市長と陳盛山・台中市観光旅遊局局長が臨み、大分からは岡本天津男・大分県企画振興部観光地域局長や草野修・中津市議会議長、台中市からは林陵三・副市長らが立ち会った。

中津市の奥塚市長はすでに1月18日の定例記者会見において、台中市と「サイクルツーリズム及び観光友好交流の促進に関する協定」を結ぶことを発表、その背景と今後の展開について「台中市にはメイプル耶馬サイクリングロードと同じ鉄道廃線跡を活用した自転車道があることから、今回の協定締結によりサイクルツーリズムの推進を図るとともに、互いの観光資源を活用した観光産業の発展」を目指したいと述べている(下記「定例記者会見資料」参照)。

中津市には「メイプル耶馬(やば)サイクリングロード」があり、1982年に耶馬溪鉄道廃線跡を利用した自転車道だそうで「整備紅葉のきれいな耶馬溪、菊池寛の『恩讐の彼方に』でも有名な「青の洞門」など多くの景勝地を楽しむことができ、鉄道跡を利用したトンネルや鉄橋などバリエーションに富んだサイクリングロード」(中津市HP)だという。

一方の台中市にも、「東豊自行車緑廊」と「后豊鉄馬道」という台湾10大自転車道に挙げられるサイクリングロードがあるという。

日台の景勝地同士がサイクリングロードを通じて交流をはかっていこうとする両市の積極的な姿勢をおおいに讃え、心から祝意を表したい。

なお、すでに瀬戸内しまなみ海道(広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ全長約70キロのサイクリングコース)と日月譚自転車道(周囲33キロの日月潭をめぐるサイクリングコース)が2014年10月25日に日台初の「姉妹自転車道」を提携している。

台中市ではその日のうちに協定締結について「市政新聞」で伝え、中央通信社も昨日報じている。下記にご紹介したい。

◆中市與日本大分縣自行車道結盟 深化國際觀光【2月9日付「市政新聞」】

◆「メイプル耶馬サイクリングロード」アジアへ発信!!【1月18日定例記者会見資料】

◆中津市HP:メイプル耶馬サイクリングロード


台中市と大分県中津市、共同で自転車観光推進へ 協定締結

【中央通信社:2017年2月10日】

台中市政府は9日、大分県中津市と、自転車旅行と観光交流の促進に関する協定を締結した。台中市の林陵三副市長は、今後双方の観光客の相互訪問が拡大し、台中の観光資源を高めていければと期待を示した。

台中には、台湾10大自転車道に数えられる「東豊自行車緑廊」と「后豊鉄馬道」がある。一方、中津市は日本で最も美しい自転車道と評されている「メイプル耶馬サイクリングロード」を擁する。この3つの路線はいずれも鉄道廃線を利用しており、沿線には橋やトンネル、旧駅舎などがあるという共通点がある。

台中市観光旅遊局は昨年、市内の自転車産業関係者らとともに大分県を訪問。奥塚正典・中津市長らにサイクリング交流の推進を提案していた。

協定には台中市観光旅遊局の陳盛山局長と奥塚市長が調印。林副市長や大分県観光・地域局の岡本天津男局長らが立ち会った。

台中市と大分県の間では、昨年から交流が活発化している。昨年2月に双方の温泉関係団体が協定書を交わしたほか、同9月には両県・市が友好交流に関する覚書(MOU)を締結。また、同月には双方を結ぶ定期チャーター便が就航した。

陳局長は、今回の協定締結が台湾の旅行業にとって転機となり、中部7県市で構成される「中台湾観光連盟」と九州各県との交流が拡大していけばと述べ、台中を訪れる日本人観光客の増加を願った。