お知らせ

  • HOME »
  • お知らせ

台湾の叙勲者一覧 【2005年春〜2018年秋(56人)】

【日本李登輝友の会調べ:2018年11月3日】 ・2005(平成17)年 春  蔡茂豊 旭日中綬章(台湾日本語教育学会元理事長、元東呉大学外国語学院院長) ・2005(平成17)年 秋  李上甲 旭日小綬章(台日経済貿易 …

【祝】 秋の叙勲で許勝雄氏と鄭祺耀氏が受章 台湾の受章者は56人

日本政府は11月3日、平成30年秋の叙勲受章者を発表し4,079人が受章した。外国人叙勲では、台湾から金宝電子工業株式会社会長で三三企業交流会会長の許勝雄(きょ・かつお)氏が旭日重光章、鄭祺耀(てい・きよう)台日文化経済 …

【祝】 長野県と駒ヶ根市が台中市と11月4日に「観光・教育交流協力覚書」を締結

長野県観光部は10月26日にプレスリリース「阿部知事が台湾を訪問します」を発表、阿部守一(あべ・しゅいち)知事が来る11月1日から5日にかけて6年ぶりに台湾を訪問し、駒ケ根市の杉本幸治(すぎもと・こうじ)市長とともに台中 …

【祝】 藤枝市と遠達国際企業が「包括連携協定」を締結

先日、本会HP上や本会メールマガジン『日台共栄』誌上で、静岡県三島市の特定非営利活動法人(NPO)「グラウンドワーク三島」と雲林県斗六市の国立雲林科技大が人材育成や学術研究交流に関する「インターンシップ協定」を10月12 …

【祝】 静岡県のグラウンドワーク三島と国立雲林科技大がインターンシップ協定を締結

10月12日、静岡県三島市の特定非営利活動法人(NPO)「グラウンドワーク三島」と雲林県斗六市の国立雲林科技大が人材育成や学術研究交流に関する「インターンシップ協定」を締結、専務理事の渡辺豊博氏と方国定・副学長が調印式に …

11月23日、靖國神社にて「台湾出身戦歿者慰霊祭」を開催

皆様にはご高承のように、大東亜戦争には約20万人の台湾出身者が軍人・軍属として出征し、3万304人が尊い命を日本に捧げられました。現在、靖國神社にはそのうちの2万7,864人の方々がご祭神としてお祀りされ、日々慰霊の誠が …

【祝】「白冷圳の父」と讃えられる磯田謙雄技師の銅像が台中市新社区に建立

台湾で今でも尊敬される日本人は、烏山頭ダムを造った八田與一をはじめ、後藤新平、新渡戸稲造、羽鳥又男、新井耕吉郎など、数え上げれば10人を超える。最近になって、本会理事で群馬県支部長の山本厚秀氏が見出した「水道の父」瀧野平 …

DVD「2018年 李登輝元総統沖縄ご訪問」のご案内

李登輝総統は2018年6月22日から25日まで、大東亜戦争で戦死した台湾出身戦歿者を追悼して揮毫された「為國作見證」慰霊碑の除幕式に臨席するため、曾文恵夫人を伴って沖縄を訪問された。2001年のご来日から9度目となり、沖 …

【祝】 富山県日台親善協会と行政院農業委員会が台湾バナナに関する協力覚書に調印

元行政院院長の謝長廷氏が2016年6月に台北駐日経済文化代表処代表(駐日台湾大使に相当)に就任して以来、台湾特産のバナナを日本で普及しようと力を入れている。就任直後に静岡県御殿場市内の小学校を訪れ、給食の時間に子供たちと …

山本厚秀氏を講師に瀧野平四郎について11月24日「第41回・台湾セミナー」

群馬県には、今でも台湾で尊敬されている人物が多く、これまで「台湾紅茶の父」新井耕吉郎、「最後の台南市長」羽鳥又男、「台湾風土病の撲滅」羽鳥重郎、芝山巌事件で斃れた六士先生の一人の中島長吉、「台湾図書館の父」石坂荘作などが …

1 2 3 215 »
PAGETOP
Copyright © 日本李登輝友の会 All Rights Reserved.