本会メールマガジン『日台共栄』配信元の変更について

本会メールマガジン『日台共栄』配信元の「メルマ!」が2020年1月31日をもって配信サービスを停止しました。今後は新しい配信元「まぐまぐ!」から配信して参ります。引き続き購読(無料)を希望される方は、お手数ですがこちらから改めてご登録をお願いします。

お知らせ

9月24日、8月訪台の藤重太氏を講師に「第72回・台湾セミナー」

新型コロナウイルスが2020年3月にパンデミックを引き起こしてからは日台間の往来も激減しました。2019年には双方で700万人を超えていたにもかかわらず、2020年は96万人、2021年は約1万5,000人にも減りました …

本会が2022政策提言として「日台関係の現実を正しく評価するための5つの提言」を発表

日本李登輝友の会では平成24年(2012年)から毎年、「政策提言」を発表しております。今年もこの3月に今年度の政策提言として「日台関係の現実を正しく評価するための5つの提言─日台実務協力関係の50年を迎えて」を発表しまし …

10月2日、渡辺利夫会長を講師に志賀哲太郎顕彰会が熊台交流推進講演会

台湾の半導体受託生産企業最大手の TSMC (Taiwan Semiconductor Manufacturing Company, Ltd.台湾積体電路製造股份有限公司:トヨタ自動車の 2 倍以上の時価総額を有する世界 …

9月23日、本会秋田県支部が浅野和生氏を招いて第4回講演会【参加費無料】

お待たせしました。コロナ禍で延び延びになっていましたが、台湾研究の第一人者、浅野和生先生をお招きしてお話を伺います。 先生は2005年に「日台関係基本法」を発表され、日台関係が発展する上で国として整備が必要と説かれていま …

【祝】 TSMC進出で熊本県と台日産業連携推進オフィスが「産業協力覚書」締結

台湾の経済部は2011年12月から「台日産業連携架け橋プロジェクト」を始動させ、翌年3月に「台日産業連携推進オフィス」(Taiwan-Japan Industrial Collaboration Promotion Of …

【祝】 釧路市と花蓮市が「友好交流協定」を締結

8月31日、北海道釧路市と台湾の花蓮市が「友好交流協定」を締結しました。リモートで行われた調印式には、謝長廷・台北駐日経済文化代表処代表がリモートで立会い、釧路市の蝦名大也(えびな・ひろや)市長と花蓮市の魏嘉賢市長が協定 …

【新紹介】 櫻井よしこ・高市早苗『ハト派の嘘』(産経新聞出版)

櫻井よしこ氏と高市早苗氏の間柄は、櫻井氏は高市氏について「反対する人々でさえその意見に耳を傾けなければならない正論の人」と評し、高市氏も櫻井氏について「長年の憧れの女性であり、最も尊敬するジャーナリスト」と述べるように、 …

【新紹介】 浅野和生編著『台湾と日米同盟』(展転社)

昨年3月の日米安全保障協議委員会(2+2)で「台湾海峡の平和と安定の重要性」が強調されて以来、4月の日米首脳会談から6月の先進7ヵ国(G7)コーンウォール・サミットに至る一連の国際会議で「台湾海峡の平和と安定の重要性を強 …

【新紹介】 喜多由浩著『台湾の日本人』(産経新聞出版)

台湾の「親日」と朝鮮の「反日」がよく取り沙汰される。なぜ同じ日本の統治を経たにもかかわらず、真逆ともいうべき違いが出て来たのか。本書冒頭の「はじめに」で、著者はその違いについて「儒教的価値観の浸透度の濃淡が?根っこ?にあ …

【祝】北海道浦河町と花蓮県新城郷が「友好交流協定」を締結

8月3日の北海道白老町(しらおいちょう)と台湾の花蓮県秀林郷の「友好交流推進協定」の締結に続き、8月10日、今度は北海道浦河町(うらかわちょう)と花蓮県新城郷が「友好交流協定」を結びました。 オンラインで行われた調印式に …

PAGETOP
Copyright © 日本李登輝友の会 All Rights Reserved.