◆入会案内       ◆ECFAは香港・マカオ化の一歩      ◆『日本の教育と私』       ◆指導者の力量       ◆長老の智慧
 









李登輝学校研修団のご案内








台北事務所ブログはこちら


本会サイト内を検索

好評販売中!
 




   










訪日記録集&DVD
 


2008年9月の沖縄訪問特集

こちらから購入可能です


2007年
奥の細道と靖国参拝


HPからお申込み
送料無料でお届け



本会関係者が撮影した
30分のオリジナル記録集


2004年末〜お正月
名古屋・金沢・京都
恩師に再会の旅







支部情報更新
 






 





 


 

 李登輝前総統の来日記録集『李登輝訪日・日本国へのメッセージ』を出版
     〜豪華執筆陣と関連写真199枚で来日の全容を紹介。10月31日、全国書店で発売!〜



 本会では平成19年3月の総会で、本年度の事業計画の第1に「李登輝前総統の来日歓迎活動」を掲げ、歓迎体制を整えることや来日記録を刊行することを可決しました。

 そこで、7月半ばから来日記録集の編纂に取り組み、このほど『李登輝訪日・日本国へのメッセージ─2007旅と講演の全記録[完全保存版]』(日本李登輝友の会編)と題し、台湾関係の本を数多く出している「まどか出版」から上梓されました。

 本書は、李前総統をはじめとする関係者31名にご執筆いただき、マスコミも撮影できなかった写真も含めて多数掲載(199枚掲載、うちカラー写真162枚)、知られざる日本滞在時のエピソードなども満載して来日の模様を克明に紹介しています。

 また、来日中に行われた3本の講演(「後藤新平と私」「日本の教育と台湾─私が歩んだ道」「2007年とその後の世界情勢」)や「日本外国特派員協会における記者会見」も全て収録、さらに「李登輝前総統の訪日に関する報道一覧」や「李登輝前総統ご一行訪日日程」も付して来日の全容を紹介した、まさに「完全保存版」と言えます。10月31日に全国書店で発売されます。

 なお、本会や出版元の「まどか出版」にお申し込みいただければ、下記のような割引を実施しています。どしどしお申し込みください。

■割引
・1冊〜9冊のご注文→送料サービス
・10冊〜29冊のご注文→1割引・送料サービス
・30冊以上のご注文→2割引・送料サービス

■お申し込み
ホームページからのご注文が簡単です。ご利用下さい。

→メール・FAXご利用の方
1)お名前、2)ご住所、3)電話番号、4)注文冊数(『李登輝訪日・日本国へのメッセージ』と書き添えてください)を明記の上、FAXかメールでお申し込みください。

上記どちらのお申込方法でも、お申込後 1週間以内にお届けします。料金は後払い。本と一緒に郵便振替用紙(払込料:無料)を同封、1週間以内に郵便局でお支払いください。

■お申し込み先

■『李登輝訪日・日本国へのメッセージ−2007旅と講演の全記録[完全保存版]』
 A5判・上製本・176ページ、定価:1,890円


『李登輝訪日・日本国へのメッセージ−2007旅と講演の全記録[完全保存版]』

【もくじ】

序 文
 今回の訪日で叶えられたこと●李 登輝(前総統)
 今般来日の特色と日台関係●小田村四郎(日本李登輝友の会会長)

第一章 ともに歩いて─同行記・訪日の意義
 李登輝前総統の来日の意義●中嶋 嶺雄(国際教養大学学長)
 李登輝氏の靖国参拝●曽野 綾子(作家)
 李登輝先生訪日に思う●塩川正十郎(李登輝博士ご夫妻歓迎実行委員会委員長)
 李登輝先生に同行して●黄 昭堂(台湾独立建国聯盟主席)
 台日間の歴史的な一歩●許 世楷(台湾駐日代表処代表)
 李前総統の言葉を心深く刻むゆえん●櫻井よしこ(ジャーナリスト)
 拓殖大学訪問と後日談●渡辺 利夫(拓殖大学学長)

第二章 旅の軌跡
 5月30日から6月9日までの動き●柚原 正敬(日本李登輝友の会事務局長)
 江東区から「奥の細道」探訪の旅へ●山普@孝明(江東区長・芭蕉記念館館長)
 強い信仰●藤原 良雄(藤原書店店主)
 松島の宿での李登輝前総統●梅原克彦(仙台市長)・梅原尚子(同夫人)
 歴史を貫く雄魂●野口 次郎(鹽竈神社禰宜)
 後世に残る松島の財産●天野 晴華(円通院副住職)
 李総統が訪ねられた山寺●齋藤 弘(山形県知事)
 威厳と慈愛にあふれた眼差し●達増 陽子(岩手県知事夫人)
 二つの宝物●佐藤京子(夏瀬温泉都わすれ女将)
 蚶満寺での李登輝前総統●斎藤一樹(にかほ市郷土資料館学芸委員)
 李前総統の靖國に対する思い●南部利昭(靖國神社宮司)
 台湾を大切にしなければ罰が当る●花田紀凱(『WILL』編集長)

第三章日本国へのメッセージ─講演録
 後藤新平と私
 日本の教育と台湾―私が歩んだ道
 2007年とその後の世界情勢
 日本外国特派員協会における記者会見

第四章 李登輝前総統をお迎えして
 心の張り声の張り●阿川 弘之(作家・日本李登輝友の会名誉会長)
 李前総統の拓殖大学訪問●黄 文雄(拓殖大学日本文化研究所客員教授)
 李登輝先生の句碑を建立したい●相沢 光哉(宮城県日台親善協会会長)
 嬉しいハプニング●熊谷 義弘(李登輝先生歓迎実行委員会事務局長)
 肌身で感じたスケールの大きさ●千葉 文士(日本李登輝友の会理事)
 武士道精神に呼応したい●大見 光男(日本李登輝友の会青森県支部長)
 日光訪問に感動・感激・感謝●町田 有輝(栃木県日台親善協会・李登輝先生歓迎実行委員会実行委員長)
 待合室での李登輝現象 林 建良(日本李登輝友の会常務理事・医師)

あとがき 田久保忠衛(日本李登輝友の会副会長)

 李登輝前総統の訪日に関する報道一覧
 李登輝前総統ご一行訪日日程



 産経新聞・書評欄【週末読む、観る】で紹介されました(2007年12月24日) 

 『李登輝訪日 日本国へのメッセージ』
 ■日本李登輝友の会編
 今年5、6月、李登輝・前台湾総統の『奥の細道』探訪の旅と、講演の全記録である。「自我に悩み、苦行しようと、禅によって自己修練に励んだとき、鈴木大拙(だいせつ)先生の『禅と日本文化』などが非常に役立ちました」「懸命に読みあさるうち、明治における日本精神のもう一人の体現者、西田幾多郎先生に出会いました」(講演より)
 こうした深い日本理解の上で芭蕉ゆかりの東北の寺々を巡った。李氏は、挙式したばかりの新婚夫妻に気軽に声をかけたり、高速道SAで行き会った生徒と歓談したりと、数々の出会いがあったと編者の柚原正敬氏は語る。小田村四郎、中島嶺雄、曽野綾子、塩川正十郎、桜井よしこ、阿川弘之、田久保忠衛各氏ら各界の29人もの寄稿が、訪日の大成功を証明している。(まどか出版・1,890円)